GMO VPSでコンソールログイン出来ない時の対処方

コンソールの起動

GMO クラウドVPSでいざという時のために、コンソールで作業をするために起動を確認しようとしたら、とんでもなくはまってしまったので、同様の悩みで困ってる方に向けて記事にしました。

Google Chomeでは利用出来ない

私はメインブラウザにGoogle Chomeを利用していますが、どうやら、現在のChomeではJavaはサポートされてないようです。

Javaの公式サイトにもこのような記載があります。

バージョン42以降のChromeブラウザ。Chromeバージョン42 (2015年4月リリース)以降、Chromeはブラウザがプラグインをサポートする標準的な方法を無効化しました。

仕方なく、Chomeの使用はあきらめて、Firefoxを利用することにしました。

ポップアップがブロックされる

Chomeも同様の現象が起こっていましたが、Firefoxでもポップアップブロックの機能が有効になっていたため、コンソールウィンドを開こうとしても、ブラウザ側で閉じてしまいます。

Javaはバージョン7でないと動作しない

現在、Javaはバージョン8が最新版ですが、コンソールでGMO VPSクラウドにアクセスしようとするとJava7が必要になります。

まずは、現在、Java8がインストールされているか確認しましょう。インストール済みなら事前に削除しておきます。

また、Firefoxは2015年6月現在、32bit版となっているので、これにあわせて、32bit版のJava7を以下のページからダウンロードします。

java バージョン7のダウンロードページ

Windows版 Java バージョン7をダウンロード

Windows版 Java バージョン7をダウンロード

ダウンロードした、Java バージョン7をインストールします。Firefoxが起動していれば再起動させます。

Javaのセキュリティ設定

ひとまず、VPSコンソールから、コンソールを起動させます。

コンソールの起動

コンソールの起動

おそらく、以下の画像のようなエラーが表示されると思います。この時、URLをコピーしておきます。(.com/)まででかまいません。

コンソール起動時のエラー

コンソール起動時のエラー

コントロールパネルから、Java(32ビット)を選択します。

Java (32ビット)

Java (32ビット)

ポップアップウィンドウが開きます。「セキュリティ」のタブをクリックし、「サイト・リストの編集」をクリックしてください。

Javaのセキュリティ設定

Javaのセキュリティ設定

再度、ポップアップウィンドウが開くので、「追加」をクリックし、先ほどコピーしておいたURLを「場所」の入力欄にペーストし、「OK」をクリック。元のウィンドウも「OK」を押して閉じてください。

Javaの実行を許可するURLを入力

Javaの実行を許可するURLを入力

もう一度、VPSコンソールから、コンソールを立ち上げると今度はきちんとJavaが起動するので、「実行」をクリックすると、ログイン画面が表示されます。

Javaを実行

Javaを実行

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*