WordPressでSFTPを利用出来るようにする

VPSサーバーなど、FTP接続を許可してないサーバーにWordpressをインストールすると、管理者画面からプラグインをアップデートする事が出来ません。

FTP接続が行えない場合は、SSHを用いた、SFTP接続でファイル転送を行い、Wordpressをインストールしたと思われますが、Wordpressの標準機能では、SFTPには対応していません。

この問題を解決するプラグインが「SSH SFTP Updater Support」です。

SSH SFTP Updater Supportのダウンロード

管理者画面上からプラグインをインストールする事ができないため、ブラウザ経由でダウンロードします。

SSH SFTP Updater Supportのダウンロード

SSH SFTP Updater Supportのダウンロード

ダウンロードしたファイルを解凍し、/wp-content/plugins/ フォルダの中にアップロードします。

SSH SFTP Updater Supportをフォルダごとアップロード

SSH SFTP Updater Supportをフォルダごとアップロード

管理者画面にログインし、プラグインを有効化します。

プラグインのインストール、更新時の画面

SSH SFTP Updater Supportをインストールしたら、今度はWordpressの管理者画面上で、プラグインのインストール・更新ができるか試して見ます。

SFTPでプラグインのインストール・更新を行う

SFTPでプラグインのインストール・更新を行う

  1. 今まで、プラグイン更新時に「FTP」もしくは「FTPS」しか記載がなかった場所にSSHが選択できるようになっていますので選択します
  2. ホスト名には、ドメイン名・もしくはIPアドレスを記載します。
  3. FTP/SSHユーザー名にはSSHでログインする場合に利用するユーザ名を入力
  4. 同じく、パスワードを入力
  5. 秘密鍵方式を採用している場合は、アップロードできます。
  6. 開始をクリックすると、プラグインのアップデートが行えます。

SFTPでのインストール・アップデートに失敗する場合

以下のエラーメッセージが出る場合、SElinuxの設定を促すエラーメッセージが出ますが、このエラーメッセージは実はSElinuxを導入していなくても、このエラーが発生します。

If SELinux is installed check to make sure that httpd_can_network_connect is set to 1

SFTPでのインストール・アップデートに失敗した場合

SFTPでのインストール・アップデートに失敗した場合

この症状は/etc/hosts にドメイン名が記載されておらず、名前解決ができないから失敗する場合でも、上記のようなエラーが発生します。

SElinuxの設定を見直す前に、/etc/hosts の設定を見直しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*