Ubuntuでパッケージのアップグレードに失敗する場合の対処方

Ubuntuでパッケージの更新を行う

Ubuntuサーバーを運用していると、まれにパッケージの更新に失敗する事があります。

これは、/boot パーティションの容量が一杯になって、パッケージの更新ができない。という可能性が高いので、カーネルイメージの削除を行い、/boot パーティションに空き容量を増やす方法を解説します。

パーティションの容量を確認

df コマンドはパーティションの容量を確認するコマンドです。通常はKBでの表示なので、-mでMB表示に切り替えます。

注目すべきは、一番下の/bootパーティションの空き容量です。今回は、82%使用しており、そのうちアップグレードに失敗する可能性があるため、不要なカーネルイメージを削除しておきます。

$ df -m
Filesystem                  1M-blocks  Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/ubuntu--vg-root    501567  7453    468614   2% /
none                                1     0         1   0% /sys/fs/cgroup
udev                              990     1       990   1% /dev
tmpfs                             201    32       169  16% /run
none                                5     0         5   0% /run/lock
tmpfs                            1001     0      1001   0% /run/shm
none                              100     0       100   0% /run/user
/dev/sda1                         236   183        41  82% /boot

使用しているカーネルイメージの確認

uname -aとコマンドを投入すると、現在使用しているカーネルイメージのバージョンが表示されます。

$ uname -a

dpkg –get-selections |grep linux-image とコマンドを投入すると、インストールされているカーネルイメージの一覧が表示されます。
この中で、使用しているカーネルイメージ以外は不要となるので、古いバージョンのものから、削除します。

dpkg --get-selections |grep linux-image
linux-image-3.16.0-30-generic                   install
linux-image-3.16.0-37-generic                   install
linux-image-3.16.0-38-generic                   install
linux-image-3.16.0-39-generic                   deinstall
linux-image-3.16.0-41-generic                   deinstall
linux-image-3.16.0-43-generic                   deinstall
linux-image-3.16.0-44-generic                   install
linux-image-3.16.0-45-generic                   install
linux-image-3.16.0-46-generic                   install
linux-image-3.16.0-51-generic                   install
linux-image-extra-3.16.0-30-generic             install
linux-image-extra-3.16.0-37-generic             deinstall
linux-image-extra-3.16.0-38-generic             deinstall
linux-image-extra-3.16.0-39-generic             deinstall
linux-image-extra-3.16.0-41-generic             deinstall
linux-image-extra-3.16.0-43-generic             deinstall
linux-image-extra-3.16.0-44-generic             install
linux-image-extra-3.16.0-45-generic             install
linux-image-extra-3.16.0-46-generic             deinstall
linux-image-extra-3.16.0-51-generic             deinstall

カーネルイメージの削除

以下のコマンドで不要なカーネルイメージを削除する事が出来ます。

sudo aptitude remove linux-image-*.*.*-**-generic
sudo apt-get autoremove

空き容量を再度確認

再び、df -mとコマンドを投入し、/boot パーティションの空き容量を確認します。
カーネルイメージを削除した事で、34%まで減少した事が分かります。

df -m
Filesystem                  1M-blocks  Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/ubuntu--vg-root    501567  6885    469182   2% /
none                                1     0         1   0% /sys/fs/cgroup
udev                              990     1       990   1% /dev
tmpfs                             201    32       169  16% /run
none                                5     0         5   0% /run/lock
tmpfs                            1001     0      1001   0% /run/shm
none                              100     0       100   0% /run/user
/dev/sda1                         236    75       150  34% /boot

パッケージの更新・インストールを実施

空き容量が確保出来たら、コマンドを投入して、パッケージの更新・インストールを行います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*